聖観音坐像 売約済

厨子入木彫聖観音坐像です。小さな像でここまでシャープで繊細なものはなかなかありません。整ったお顔に、装飾や身に纏う衣裳の衣文も実に良く表現されています。何と言っても聖観音の標識といえる頭髪部の3㎜ほどの化仏までも阿弥陀如来と確認できるほどの超細密さです。このサイズで、ここまでのクオリティーはなかなか無いでしょう。光背がなくなっているのは残念ですが、厨子(使用されている金具も格調高いものです)も本来のものですし、数か所カケなどもありますが、状態良好と言って差し支えないものです。像容もどこか檀像、大陸をを感じさせるようなもので、かなり高貴な方の礼拝用のものだったと容易に想像できます。桃山時代。

本体 縦 4  横 6.5  高さ 10、 厨子 縦 5  横 7  高さ 13(cm)

売約済 ありがとうございました。