home

「忘草_花、間、音、
 そして花のための器を中心に」
2018年12月8日(土)~24日(祝・月)
回廊時間12:00~20:00
・8日(土)、9日(日)は花会開催のため予約の方のみ
・24日(祝・月)まで
・閉廊日:10日(月)、11日(火)、18日(火)
杉謙太郎(花)、濱中史郎(陶磁器)、東亨(金属)、猿山修(古道具)、白土晶大(古美術・仏教美術)

「杉謙太郎氏による花会」
2018年12月8日(土)、9日(日)
昼会13:00~15:00 夜会18:00~20:00
定員:各12名
会費:5,000円
*要予約

書籍「忘草 東京」*会期中販売
花/杉謙太郎 音楽/内田輝 写真/奥山晴日 装丁/猿山修 
印刷製本/サンエムカラー 函/竹内紙器製作所 発行/忘草
価格8,000円(税別)

Gallery NAO MASAKI  
461-0004
愛知県名古屋市東区葵2-3-4
052-932-2090
https://www.naomasaki.jp

12/8(月)~12/24(月・祝)まで、名古屋の Gallery NAO MASAKI  にて行われる「忘草ー花、間、音、そして花のための器を中心に」に花器・仏教美術を中心に出品しますのでご高覧いただければ幸いです。杉謙太郎氏の書籍「忘草 東京」の販売、8日、9日には同氏の花会も行われますので、ご興味のある方はGallery NAO MASAKIもしくは  当方へinfo@ashirato.comまでご連絡ください。

この度は三坂堂ウェブサイトをご覧頂き誠に有難うございます。当サイトでは古美術を中心に価格や時代に関わらず皆様に愉しんでいただけるものを独自の視点でセレクトしご紹介、販売させていただいております。また、骨董、古美術品の出張買取査定も積極的に行っておりますのでコレクションの売却、遺品整理などお気兼ねなくご相談下さい。御不明な点、御質問などございましたらお気兼ねなくご連絡下さい。最新情報はfacebookinstagramでも随時発信しておりますのでフォローしていただければ幸いです。

Thank you for visiting our web siteIt is a collection of mainly Oriental art.  We specialize in Japanese Buddhist art, Shinto art, and Arche excavation. Our English is not good enough,  but we’ll respond with sincerity. We accept Paypal and ship to overseas .  Enjoy our collections!!

Please inquire us  for further information to   info@ashirato.com

New items information is also posted on the Instagram and facebook. Please follow us!!     

This week’s auction オークション★

12/16(日)22:00~落札予定分を出品中です。

三坂堂ヤフオクページ Yahoo Auction

★ Latest items  商品紹介★

8/10(金)入荷商品更新致しました。

http://misakadou.shop-pro.jp/

★Tatami★

t a t a m i  is an online marketplace for such “High and Raw Antiques” presented directly from Japan. Each item has been individually handpicked across the nation by the individual eyes of each tatami’s specialist dealer. Welcome to the wonderland of what the Japanese antique collections of today are.

https://tatami-antiques.com/misakadou/

Exhibitions  出展イベント情報★

目白コレクション・・・東京・目白にて、全国から旬の骨董商・アンティークショップがが集まる展示販売会。年二回開催。

目白コレクション公式HP http://www.mejirocollection.com/

目白コレクション公式facebook 

鎌倉古美術展・・・築90年鎌倉文士「里見弴」旧邸で行われる骨董展示販売会。ゆっくりとした時の流れでご来場されたお客様のほとんどはゆっくりされていきます。会場は洋館、茶室に分かれおり、建物は一見の価値有!年二回開催。

鎌倉古美術展HP http://buddhismart.ec-net.jp/2017-kamakura-aki.html

鎌倉古美術展facebook 

Instagram