こぶ牛土偶② 売約済

西南アジアでは古くから生活に欠かせなかった「こぶ牛」、インダス河流域の遺跡からこぶ牛を模ったものは多く発掘されており、古くから信仰があったようです。浅学の為、副葬品だったのか、それとも違う用途があったのかはわかりませんが、彩色も残り小さいながらもほのぼのとした魅力があります。角が折れていますが、古さを考えれば悪くない状態ではないでしょうか。前3000~2500年。新石器時代。

縦 9.5  横 3.5  高さ 5.5 (cm)

売約済 ありがとうございました。