大黒天 売約済

煤けて真っ黒の大黒様とは異なり、白木で枯れた味わいです。素朴ではありますが、非常に目の詰まった堅木の材で彫られていますが、軽い手取りで、造形も中世を感じさせるものです。民家の神棚で真っ黒に煤けてたものとは明らかに違うもので、一見民衆仏のようですが、神像などと共に安置されていたものではないでしょうか?大黒さんというより、個人的には大国主と言った方がしっくりきます。虫食いなどの経年変化はございますので充分画像にて御確認下さい。この雰囲気そうそうあるものではございません。

縦 11.5  横 12  高さ 18 (cm)

売約済 ありがとうございました。