コンテンツへスキップ

銅造文殊菩薩立像 売約済

    宝剣と巻物を持っているところから珍しい文殊菩薩立像と推測しました。このような念持仏には少ない像容かと思います。時代を経た金味、手に持った感触は江戸期のもののように硬さがなく、造形からも中世まで上がると考えます。厨子、下部の白木の台は近世新たに作られたものでしょう。精悍な表情と造形、古銅らしい肌の味、学問を司る仏らしい魅力ある像です。経年の変化がございますので画像にて充分ご確認の上ご注文下さい。室町時代。

    縦 3  横 4  高さ 8 (cm)

    売約済 ありがとうございました。