蓮華文金具一対 売約済

寺院から出た蓮華文金具(六葉か)一対。銅板を押し出して作られたものです。わりと厚みがありしっかりとして堅牢さがあります。裏をよく見ると細かく叩いて細かな部分を形成した仕上げ痕が確認できます。良く社寺などに見る六葉金具のようなタイプよりも、大らかな感じで、初めてみるタイプです。大体は釘隠しなどに使われているのですが、別な用途の装飾で使われていたのかもしれません。小さいながらも見捨て難き魅力があります。江戸時代のものは、大抵もう少し堅めの質の真鍮に近い材ですが、厚めの銅ですし、形状も考えると、一時代が上がるものではないかと推測します。時代は室町~桃山ぐらいではないでしょうか。

直径 5.5  高さ 0.4 (cm)

売約済 ありがとうございました。