桐紋蒔絵片口 売約済

桐紋の蒔絵が格調高く、それ相応の家で使用されていたのでしょう。大事に使っていたのか、破損したのにも関わらず、直して使用していたようです。高台も小さめで高さがあり時代も上がりそうです。蒔絵は平蒔絵、非常に丁寧でかなり技術のある人のものでしょう。高台寺辺りでしょうか。見込みも痛みは少なからずありますが、使用可能と個人的には判断します。斜めで光を当てると布を被せているのもわかります。木地も薄く、手持ちも極めて軽いです。痛みはありますが、高貴さは失われておりません。江戸時代

縦 18  横 14  高さ 10.5 (cm)

売約済 ありがとうございました。