天衣残欠

大きな木彫仏の破損した天衣の一部。目を凝らしてみると平鑿で仕上げれており、古格ある柔らかな肌です。手持ちも軽く、目の細かく詰まった上質な材です。破損は多いですが、充分鑑賞でき、魅力ある見捨て難きものです。藤末鎌初ぐらい上がると判断しております。仏教美術愛好家にはもちろんのこと、興味があるけどなかなか踏み込めなかった方にも買い易い価格にしましたので是非ご検討ください。*鉄製の台は撮影用のもので付きませんので予めご了承ください。

縦 4  横 5  高さ 20 (cm)

35,000円(税込、送料込)