コンテンツへスキップ

厨子入多聞天像

    ピリッとした緊張感があるシャープな彫りの多聞天。持物、欠損はありますが、それを感じさせない迫力を感じます。持物はなく、左手の宝塔らしいものも後補です。また、厨子の底板は張り替えられています(簡素な板です)、心得て使用すればまだ大丈夫ですが、兆番の緩み、痛みもございますのでご承知ください。しかしなら鬼門を護る天部らしい威厳ある姿、表情や鎧、踏みつけている餓鬼の表現は高い技術を要する都の仏師作と考えて良いと思います。個人的には気になるようなものではない許容範囲内の経年による痛みですが、画像にて充分ご確認、ご判断の上御検討ください。桃山~江戸初。

    厨子 縦 7  横 8.5  高さ 16.5 (cm)

    120,000円(税込、送料込)