伝)東大寺古材敷板 売約済

焼印はございませんが、前所有者より東大寺古材と聞いております。他の在庫にあるものとに見比べ、また、一緒に出てきたものなども考えても間違いないかと思います。側面からみるとやや丸みがあり、裏面は新しく切った面ですので本来は大きな材だったのでしょう。木目も良く、表面も斫って整えた古い製材方法、木目も素晴らしく、非常に清らかな印象の板です。小さな仏教美術などを飾る敷板として最適です(側面小口からみると緩やかなか,かまぼこ状になっており、真っ平ではないので画像にて御確認下さい)。焼印があったとしても時代の下がるものがほとんどで鎌倉以前のものとなると数は急激に少なくなります。時代は平安時代頃と考えます。

縦 11  横 21.5  高さ 1

売約済 ありがとうございました。