十一面観音懸仏

十一面観音の懸仏。寸法は、今、多くの仏教美術ファンが望む小ぶりなもの。下部に欠損、裏の鏡につける際に細い金具を通す部分の欠損はあるものの、顔も体も良い状態です。嬉しいことに自立します。欠損部は見えにくい箇所です。都で製作された垢ぬけたミニマルな容姿、鍍金、抜け、鏨で鋭く切った文様、火中土中していない綺麗な時を経た銅味、探すとそうそうありません。鎌倉時代。

縦 2  横 3  高さ 5 (cm)

価格はお問い合わせください。