コンテンツへスキップ

金銅台座 売約済

綺麗な鍍金が残る金銅の返花台座。おそらく舎利塔などの台だったものでしょう。文様は細密に彫られており、細部も手抜きなく丁寧に作られております。残欠ですが見過ごせないシャープな作りで、このままでも充分魅力がありますし、金銅仏などを飾る台としても最適です。室町~桃山時代頃。

縦 3.5  横 3.5  高さ 1 (cm)

売約済 ありがとうございました。