銅製耳付瓶 売約済

毛彫りが施された耳付の瓶です。鋳造ではなく、上下半分ずつ、叩き出して成形して中央で合わせております。そのせいか、本来、金属器はシャープな印象のものが多いのですが、民藝的な温かみのある印象です。産地は悩むところでありますが、地方の作か、大陸からのものか判断尽きません。時代は18世紀は下らないかと判断しております。見ていると、じわじわと存在感を出してくるような独特の魅力です。凹みは多くございます。水を張ったところ、底の接地面、材と材を合わせている部分からぽたぽたと漏れます、隙間を埋めると留まりそうですが、お好みなどもあるかと思いますので、当方では修理致しませんので予めご了承ください。凹みなどの経年変化も含めて、この銅器の魅力かと思いますので状態が気になる方は購入をお薦め致しませんが、この雰囲気好きな方には堪らない感じです。花器としてではなくとも、そのまま飾るだけでもインテリアの要になるポテンシャルがある銅器です。

直径 15.5-16  高さ 23.5 (cm)

売約済 ありがとうございました。