天部持物「槍」残欠 売約済

木彫彩色の槍。これのみでは持っていた像の判断できませんが、それなりに大きな天部像の持物でしょう。大きな寺院のものだったものと推測します。彩色などをみると、丁寧で、文様なども手が込んでおります。経年の為、下地の胡粉がぽろぽろ取れ易くなっておりますが、充分魅力を堪能できます。発送の際に充分注意して梱包しますが、多少剥げ落ちてしますこともあるかと思いますので予めご了承ください。このような彩色のタイプのものは往々にして胡粉などはポロポロします。お好きな方で既に御存知の方であれば説明の必要はないかと思いますが、手荒く扱えば剥がれますし、何もしなくても湿度などの関係で剥がれることもございます。また、この画像よりも彩色の剥がれ箇所が多くなっていることもございますので、そういうものだとご理解の上御注文いただければ幸いです。桃山~江戸時代ぐらいか。

縦 3  横 3.5  高さ 57 (cm)

売約済 ありがとうございました。