李朝飴釉碗 売約済

李朝時代の飴釉碗。面取りの壷などに施されている飴釉ですが、このような茶碗には大変珍しいと思います。僕は初見です。高台裏までしっかり、たっぷりの釉薬、李朝らしい丈夫な作りで焼成も良いです。気兼ねなく使える親しみやすさがあります。少し大ぶりで、食卓でも頻繁に活躍しそうです。窯疵(高台にカケ、縁に2㎝ほどニュウがありますが焼成時のものと判断しております)、経年による変化、使用感はございますが、使用による大きな痛みはありません。

直径 15-15.5  高さ 8-8.5 (cm)

売約済 ありがとうございました。