根来敷板 売約済

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

本来は四つ脚の膳だったものの天板です。識者が外れた脚の跡に補修を施し敷板としたものです。余計なものを施さず天板のみした潔さが、かえって魅力を増しているように思えます。朱の色、断文の感じを見ても室町~桃山時代と考えて差し支えないものです。反りもほとんどなく、酒器盆としても使えますし、仏教美術などの金工品、花器、小さな古陶磁器なども愛称は抜群です。朱の部分はオリジナルの塗りで堅牢さを保ち充分使用に耐えうる状態です。小口、裏面は塗り直しがありますが、江戸の直しでしょう、馴染んでおり個人的には気になりません。室町~桃山時代。箱はありません。

縦 28  横 28  高さ 1

売約済 ありがとうございました。