コンテンツへスキップ

蓮弁 売約済

    戦前〜戦後に奈良で国宝、重文の修復に数多く携わった仏師・吉川政治氏の制作した蓮弁。第二次世界大戦の影響で資料などは少ない方です。修復に使う為に作ったものなののでしょうか、中世を感じさせる造形で柾目の目の詰まった良質の材に堅牢な漆が施されています。先端の方に漆の剥がれがございますが、それらを考慮しても、非常に繊細な蓮弁で見捨て難き魅力があります。時代相応の汚れ、経年変化がございますので充分ご理解の上ご注文下さい。昭和時代。

    縦 1  横 9.5  高さ 15.5 (cm)

    売約済 ありがとうございました。