古銅下蕪花瓶 売約済

シンプルな造形の古銅の花瓶。おそらく仏花器として使われていたものかと思います。胴、高台に凹み、疵、汚れはありますが、時代相応の経年による変化かと思います。判読はできませんが、底面に朱の字が記されています。寺院などで使われていたものかと思います。寸法は小ぶりで、余計な意匠がないミニマルなデザインは現代の空間に重宝すること間違いなし。水漏れはありません。室町時代後期。

直径 8  高さ 15.5 (cm)

売約済 ありがとうございました。