コンテンツへスキップ

厨子入如意輪観音像

    細密に彫られた如意輪観音像。ここまでのレヴェルのものはなかなかございません。髪は彩色が施されていますが、それ以外は木の素地が経年した色で、材は浅学の為わかりませんが、所謂、壇像(檀像風)。厨子の扉絵も実に繊細に描かれており、仏身、台座、厨子すべてが中央の高い技術を持った仏師らの作と考えて間違いないかと思います。細部まで拘りぬいて製作された作品で、小さいながらも荘厳さ、高い品格があり、且つ温かみある表情も併せ持っています。小さなカケ、左手の立てた人差し指の輪宝などの装飾の紛失などあるかもしれませんが、状態概ね良好と言って差し支えないでしょう。時代相応の経年による変化はございますので充分画像にてご確認下さい。江戸時代。

    厨子 縦 5.5  横 7  高さ 13.5 (cm)

    380,000円(税込・国内送料無料)