コンテンツへスキップ

厨子入奪衣婆像

小さな厨子に入ったの小さな木彫奪衣婆像。三途の川で亡者の衣服を剥ぎ取る老婆の鬼。閻魔大王の妻ともいわれております。もっと怖い姿のものが多いのですが、なんか可愛らしい姿。あまり知られている存在ではありませんが幕末~明治頃は奪衣婆信仰は盛んでお堂があったり、石造のものがあったり、わりと身近にあったようで、疫病除け、咳止め、商売繁盛と庶民に厚く信仰されていたようです。江戸時代

本体 縦 2  横 3  高さ 7、 厨子 縦 4  横 6  高さ 12 (cm)

30,000円(税込、送料込)