阿弥陀如来坐像 売約済

両手で定印を結ぶ阿弥陀如来像。小ぶりながらもどっしりとし、温かみのある表情、坐像は数が本当に少ないので希少です。室町期は下らないものでしょう。台座の欠損など経年の変化はございますが、像本体に大きな痛みはございませんし、際立った後補は無いのでお好きな方の感覚でであれば状態は概ね良好と言って差し支えないでしょう。背面の荒々しい鑿跡も魅力。室町時代。

縦 7.5  横 11.5  高さ 17 (cm)

売約済 ありがとうございました。