木彫大威徳明王 売約済

極小の大威徳明王。六面(三面と三頭頂仏)六臂六脚で、初めて存在を知り、見たときは(東寺にて)異形の迫力に圧倒された記憶があります。木彫、金銅、仏画、時代問わず、五大明王の中でも、非常に少ないものではないでしょうか。腕、脚、水牛の頭、脚など欠損は多いですが、表情が残っているのが嬉しいポイントです。H4cmと極小ですので、軍神としての信仰もありますので個人が持っていたものなのかもしれません。彫も精巧です。時代は桃山~江戸と判断しておりますが、密教系の像容ですのでもう少し上がる可能性も充分あります。状態を充分ご確認の上ご注文下さい。

縦 1.5  横 3  高さ 4.5 (cm)

売約済 ありがとうございました。