根来椀

格調高い形、時代を経たものに現れる断文、擦れた部分から見えるの黒塗りが魅力の根来椀。椀としましたが、内部の縁が内側に反っているので、盃洗や何かを清める小さな盥のような感じでつかわれていたのでしょうか。残念ながら決して状態は良いとは言えませんが、他の根来椀とは異なった品格、古格があります。見込みの銀の塗り、外側の丸文は、後から描かれ塗り直したものです。盃洗などに見立てて数奇者が塗り直したのものかもしれません(その塗り直しも近年のものではなく江戸に施されたものでしょう)。見込みの銀の塗りの擦れて、剥がれた個所からかなりの味わいのある本来の部分が少し見え、この後補がなかったらと少し悔やまれます。菓子器などで使うことは可能かもしれませんが、塗りの剥がれ、素地の出ている箇所、ひびなどの生じている箇所などがありますので充分画像にてご確認下さい。桐箱あり。桃山時代。

直径 15  高さ 8 (cm)

20,000円(税込、送料込)