須恵器華瓶 売約済

箱には崇福寺形水瓶となっています。滋賀県に崇福寺という廃寺跡から須恵器の華瓶が大量に発掘されたことから、この形状のものを「崇福寺形」と呼んでいます。本来は中国の金銅の水瓶を参考に作ったものですので、わりときりっとシャープな造形も多いのですが、この品は、和様化され、ゆったりとした大らかさがあります。口縁に数か所、漆(本漆)の直しはありますが、それ以外は補修はなく状態は良好な部類です。H17㎝と小さすぎず、花の活け易い良いサイズです。平安時代。

直径 11  高さ 17 (cm)

売約済 ありがとうございました。