砥草蒔絵硯箱 売約済

木賊(砥草)が蒔絵で施された小さめの硯箱。水滴、硯は既にありませんでした。品の良い蒔絵で、繊細で前に出しゃばらすぎない感じが好印象。使い込まれていますので経年による変化は否めませんが、個人的には許容範囲内です。掃除などしておりませんのでお手入れ次第でもう少し綺麗になるかと思います。中の硯をはめ込む板を取り外して筆記用具入や小物入としてお使いいただけるかと思います。時代も江戸の初期~前半まで充分上がるものかと思います。角にひび、疵や擦れ、内部に墨の汚れなどございますので充分画像でご確認下さい。時代を考慮すれば、まずまずの状態かと思いますが、一般的な綺麗な蒔絵をお探しの方はご購入はお控え下さったほうが良いと思います。時代の上がる古漆芸のお好きな方におすすめいたします。

縦 18  横 12  高さ 5 (cm)

売約済 ありがとうございました。