仏手残欠二点 売約済

平鑿で繊細に彫られた腕の残欠二点。細い指も折れずに残っているのも嬉しいポイントです。どちらも同じ像の腕と思います、明王なのか、千手観音のものなのか、これだけでは断定はできませんが、小さいながらも存在感があります。接合部の小口は新しいので、近年、切断したものと推測します。時代はやや幅広く室町~江戸時代ころでしょうか。

縦 8.5-9.5  横 2 (cm)

売約済 ありがとうございました。