大日如来坐像 売約済

胎蔵界大日如来像。法界定印を結んでいます。大日如来には智拳印を結ぶ金剛界大日如来と今回の像のように座禅の印の胎蔵界の二種があり、胎蔵界は遺例が少ないです。堅木材で彫られている為、台座まで一木造でありながら、欠損しがちな腕も状態良く残っております。底面をみると赤目の強い桜ような材で彫られています。高さ7cmと小像ながら緻密に彫られており、檀像の流れを感じるような作なのでしょうか。端正な顔立ちで、バランスも良く見ていて飽きません。厨子はございません。概ね良好な状態と判断しておりますが、疵、擦れ、色の変化など経年変化はございますので画像にて御確認下さい。室町~桃山時代。

縦 2  横 3.5  高さ 7 (cm)

売約済 ありがとうございました。