コンテンツへスキップ

伐折羅像

    無駄を削ぎ落したのか、それとも手を抜いたのか(笑)、一見、稚拙にみえますが、おそらく短時間で彫ったであろう迷いのない彫は素朴な造形だからこそ際立っております。像容は珍しく、剣を下に向けてもっているので、十二神将のひとり伐折羅大将であろうと推測します。非常に数の少ない像です。千体仏のようにお堂に奉納されていたものなのでしょう。時代を経た白木の雰囲気もとても良いです。江戸時代。

    縦 1.5  横 4  高さ 13.5 (cm)

    30,000円(税込、送料込)