コンテンツへスキップ

李朝の箱

    素朴な風合いですが、じっくり見るとなかなか丁寧な作りをしており、技術もある職人ではないと作れないレベルのものです。両班が使っていたものではないでしょうか。李朝のものに詳しくないので推測ですが、文箱として使われていたものかもしれません。普通に問題なくお使いいただける強度は充分保っております。

    *今回の企画展での品は、必要最低限度の手入れで、疵、擦れ、痛み、虫食い、虫の跡などあるものもございますので予めご理解ください。蒐集家もと、長年保管されていたものですので虫の心配はございませんのでご安心ください。

    縦 15  横 26  高さ 9.5 (cm)

    30,000円(税込、送料込)

    企画展のご注文について

    下見 2022年5月21日(土) ~ 5月28日(土)午前10時

    注文受注 2022年5月28日(土)午前10時 ~ 6月28日(火)

    下見期間中はご質問はお受けいたしますが、ご注文、事前予約は行いませんので予めご了承ください。注文受注期間中はカート、メールのみでの対応とさせていただきます。シンプルに先着順です。お電話、SNSなどでのご注文はお受けいたしませんので予めご了承ください。