コンテンツへスキップ

懸仏 大日如来像

    像高13.5㎝と懸仏としてはかなり大ぶりなものですので、実際でみるとより存在感があります。うぶ味で、温かみと緊張感も兼ね備え、表情、衣紋、蓮座の線刻は大きなものですの丁寧に、また智拳印をしっかりと結んでいるのも、しっかりと表現されています。鍍金は確認できませんでした。裏の上部留め金具が残っているのでそれを利用し台座の背板に取り付けてあります。大日如来は懸仏としては希少ですし、ここまで大きなものは、なかなかございません。南北朝~室町時代。

    本体 縦 3  横 8.5  高さ 13.5、 全体 縦 7  横 15  高さ 19(cm)

    200,000円(税込、送料込)