コンテンツへスキップ

    肩の一番張った部分に帯が施された壺。端正に紐作りで成形された壺。底が抜けており、内部にセメントのようなもので固められています(その為やや重いです)。また、口ももっと広がったものであったと思いますが、欠けてしまったようです。欠けたのはだいぶ古い時代で経年で小口は滑らかになっております。平安の備前ではないかと考えております。破損がある参考品で、完器ではございませんので充分画像にて御確認の上ご注文下さい。平安時代。*花器としてお考えの際は破損や性質上、オトシをご利用ください。箱はございません。

    直径 20  高さ 32 (cm)

    40,000円(税込、送料込)