コンテンツへスキップ

金銅鈴残欠

    残欠ではございますが、鍍金が美しい発掘の鈴です。緑青と鍍金のコントラストが綺麗で薄い作りも魅力です。鍛造で鍍金がほぼ残っているのも嬉しいポイント。かなり上手な作りです。詳細な出土地などはわかりませんので予めご了承ください。鈴の下の部分で、テープなどで補強されていますが更に半分に割れています。完器ではございませんがが参考品としてお役に立つことと思いますし、そのまま飾っても充分愉しめます。古墳時代と推定します。

    縦 3.5  横 4  高さ 2 (cm)

    18,000円(税込、送料込)