コンテンツへスキップ

閼伽桶

閼伽桶とは密教法具の一つで井泉から汲んでくるために用いられる小型の手桶。形、サイズが花器にちょうど良く、数奇者たちに花器として好まれています。今回のものは、直径が9㎝とやや小ぶり、その為かシャープな印象。高台には轆轤引きの跡が残り、把の取り付け耳まで一体で鋳造されています。帯もほぼ中央に施されおり、静かな佇まいの中にも緊張感があり神聖さを感じます。養生箱には鎌倉時代とありますが桃山~江戸期に入るものでしょう。

直径 9  高さ 10.5 (cm、取っ手含まず)

価格はお問い合わせ下さい。